木塾? もくじゅく? いいえ、mokujiku (もくじく)です。

スプーンとか自分で木で作れたらうれしい。

 

mokujiku (もくじく)は自然木を使って身の回りでつかうスプーンや、バターナイフといったカトラリーや日々の暮らしの中で使うちょっとした道具を自分の手作業で作れるようになるための小さな木工の塾です。

名古屋の真ん中の錦2丁目になぜか登場したこのゆるーい木工教室は特別な道具を使わず彫刻刀一本でもいろんな形を作ることが出来ます。

 

そうは言っても材料はホームセンターなどでは手に入りにくいものを用意していますから、いい素材で特別な道具を身の回りにふやしていけたら、ちょっとうれしくなったりします。 

 

そんなことを気軽に くつろいだ雰囲気で楽しみながら学ぶところです。

 

ホームへ

 

 

mokujiku NEWS !

中日新聞webオピリーナの「ハンドメイド大作戦」に掲載されました。

 

 

http://opi-rina.chunichi.co.jp/special/handmade03.html

 

 

cheek掲載記事

Pechakucha Night, Nagoya(ぺちゃくちゃナイト名古屋)にアートセンター[Yojo-Han]として出演。mokujikuもアートセンターのコンテンツの一つとしてプレゼンテーションしました。

2015年中川運河リミコラインアートプロジェクト「自作したカヌーは運河に浮かぶか」で中日新聞紙面に掲載されました。

2016年も、ほぼ毎週土曜日午後、船(今年はカタマランディンギー)を作っています。

Jimdo